2007年06月07日

高血圧とお茶

この間の検診で、少し血圧が高いと指摘されてしまいました。
元々ホルモン異常の病気を持っていて、その治療で定期的に病院へ通わなくてはならないのですが、
病気の性質上と、薬の副作用で肝臓や腎臓の機能障害をチェックされていて、その経過で血圧も測るのです。
あと、心臓も良くないので(^_^;A

・・・まるで年寄りですねぇ(爆)あせあせ(飛び散る汗)

さて、慢性複合病人である私ですが、日常生活にはまるで問題がありません。
ムリをしなければ、普通の人と同じように暮らせます。

しかし。
考えてみれば、糖尿病家系の上、祖母は高血圧が元でその命を落としました。
高血圧は怖いです。
特に高齢者でない人間の高血圧と糖尿病。
こればっかりは、発症したらずっっっとお薬と病院から離れられなくなります。
早い内に予防策を取らなくては!!!

でも運動不足についつい陥るし、塩分も加工食が多いので、恐らく過剰に摂取している気がします。
塩分を排出する成分は、カリウム。
食品ではブロッコリーやホウレンソウ、ブルーベリーなどが高血圧に効くとされています。
(ブルーベリーはアントシアニンが効くらしい。。。)

でも毎食たくさん食べるのは大変exclamation×2
それで、飲み物で何か無いかと、調べてみました。
【循環器系を強くする】
・ホーソンベリー
・ヤロウ
・リンデン
【末梢血管を拡張する】
・リンデン
・レモンバーム

ふむ。
普通に手に入りそうなのは、レモンバームですね。
これなら家庭で簡単に栽培できます。
が。
職場でちびちび飲むにはちょっと不向き。
何かいいお茶はないかなぁ〜と、思っていたら。
案外身近なお茶で、血圧降下のあるお茶を見つけました。

・玄米茶

玄米茶と言うか、お茶に含まれる「カテキン」の効能は最近いろいろ取り沙汰されていますが、番茶に含まれる「ポリサッカライド」という成分が、高血圧に効くらしい。
玄米茶は炒り玄米と番茶が入ったお茶です。
カテキンは摂れるし、ポリサッカライドも摂れる。
そして、安価だ(爆)
スーパーでも手軽に買える。
や、番茶でもいいんだけど☆
きちんとお湯で淹れれば、成分も抽出できて香りもいい。

よしよしよし(笑)
じゃ、玄米茶を買ってきて、せっせと飲んでみようっとわーい(嬉しい顔)
もちろん、少し運動する時間も持たなくてはいけませんけれどねあせあせ(飛び散る汗)

posted by @まこ at 07:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。